Introduction

2020年11月23日(月祝/夜)

ボンクラ企画 ”Special Session 2 days” ②

ボンクラ企画2日目は、まさにハイブリッド(異種交配)なセッション。ベースレス、ツーテナーのカルテットです。
私が大好きな纐纈雅代さんは、このところアルトサックスからテナーに持ち換えているので、テナーを吹くと思います。音川英二さんは、本流テナーの雄で、まったく私の好みのテナーを吹きます(師匠が山口真文さんと聞いて、納得しました)。 この二人のテナーに、松下美千代さんのピアノと小松伸之くんのドラムが加わります。美千代さんのピアノは昔からよく聴いていますが、男っぽくて、さっぱりしていて美しい、いわば鉄火肌な姐さんタイプのピアニストです。小松君のドラミングはシャープで切れ味抜群、中堅ドラマーでは今のところ多分私が一番好きなドラマーだと思っています。まあ、そんなわけで、私が好きなミュージシャンで流派の異なる面々が揃うと、どんな演奏になるのか?(店長 藤井秀男)

※こちらのライブはやむを得ない事情により中止になりました。

メンバー紹介

  • 纐纈雅代Masayo Koketsu / tenorsax

    纐纈雅代Masayo Koketsu / tenorsax

    岐阜県出身。1歳より音楽好きな母と2人の姉の影響でピアノを弾く。15歳でアルトサックスに転向。チャーリーパーカーに多大なる影響を受ける。2008年SONY MUSICより『鈴木勲 SOLITUDE FEAT.纐纈雅代』でデビュー。個性的な音色、オリジナリティー溢れるプレイは唯一無二と称される。2015年8月、自身のオリジナル曲を集めた1st ALBUM『Band of Eden』をrelease。秋葉原 HOT MUSIC SCHOOLにてサックス科講師。2019年12月、初の自伝「音の深みへ」を彩流社より出版される。
    渋さ知らズorchestraで、2015年5月, Italy Torino Festival、2016年7月, Italy Prato、Slovakia POHODA Festival、Poland Lublin Festovalに出演。2019年10月、鈴木勲Oma soundで中国深圳Jazz Festivalに出演。2019年1月、単身Lithuania Vilniusへ。Lithuania出身Brooklyn在住のDalius Naujokaitis Naujo率いるimprovisation orchestraの[memorial Jonas Mekas]に参加。5月、Mats gustafsson率いる Lithuania Academyのためのimprovisation lectureに参加、Lithuania improvisation orchestraに参加するなど、ワールドワイドに活動中。

    公式WEBサイト http://masayokoketsu.com/

  • 音川英二Eiji Otokawa / tenor sax

    音川英二Eiji Otokawa / tenor sax

    高校生の頃よりジャズに興味をもち、大学進学後テナー・サックスを手にする。
    1984年にバ-クリー音楽大学へ奨学金を得て入学。
    同期は納浩一氏,道下和彦氏等。
    トミー・キャンベル,ウィル・カルホーン,タイガー大越等と共演。
    1990年帰国後は都内近郊のライヴハウス,コンサート・ツアー,スタヂオワーク等の活動を行う。
    1994年にニューヨークへ再度渡米。アーロン・スコット,ジーン・レイク,フィル・マルコビッツ等と共演。
    5SPOT,BRADLEYS,Place on the Park等でライヴ活動を行う。
    ライヴハウスでの活動がニューヨーク読売新聞の特集記事に掲載される。
    1996年の帰国後、森山威男カルテット,香取良彦ジャズ・オーケストラ,岩瀬立飛&新澤健一郎グループ(Glidephonic,Quiet Leaves), Junky Funk等での活動を始め、その後はそれらに加え、T.P.O.,Nervio,BO-JO,等々数多くのグループ、ライヴに参加。
    2001年からは自己のカルテットでの活動も本格化している。
    2003年秋には自己名義のAlbum『存在 ~ New & Old Wonder』発売。


    公式WEBサイト http://bowz.main.jp/otogawa/

  • 松下美千代Michiyo Matsushita / piano

    松下美千代Michiyo Matsushita / piano

    東京下町育ち。初めての音楽とのふれあいはオモチャの木製の木琴。7歳から電子オルガン、17歳からクラシックピアノを始める。高校卒業後、ヤマハ音楽院にて初のバンド経験、作編曲とポピュラー音楽全般を学び、ジャズの世界を知る。卒業後ヤマハミュージックメディア、ソニーマガジンなどで出版業界のノウハウを習得しながらアレンジャーとしても活動。ジャズピアニスト藤井英一氏のアシスタントをしたことが後のジャズへのきっかけとなる。
    1993年、毎日新聞社主催「ファミリーソング大賞」作詞作曲で3,000人の中からグランプリ受賞。
    1999年、アメリカのバークリー音楽大学のサマースクールへ参加。帰国後、都内を中心にジャズピアニストとして活動を開始。その他ゴスペルスクールのピアノ伴奏やジャズ・ポピュラーピアノの指導にも力をいれ、現在は自己のトリオや数々のセッションに参加する傍ら、作曲、編曲、出版物のアレンジ、レコーディングなどマルチなミュージシャンとして活動している。

    公式WEBサイト https://michiyomatsushita.amebaownd.com/

  • 小松伸之Nobuyuki Komatsu / drums

    小松伸之Nobuyuki Komatsu / drums

    1977年1月19日新潟県生まれ、B型。
    趣味でギターをやっていた父親の影響で幼少より音楽に親しむ。
    小中学生時代は吹奏楽部でトランペットを吹いており、高校時代にドラムに転向。
    大学進学を機に上京し、各大学のジャズ研などで活動した。そのころから原大力氏に師事。 98年椎名豊トリオでプロとしての活動を開始。
    現在、レギュラーメンバーで活動しているユニットには、辛島文雄(p)トリオ、山口真文(ts)カルテット、矢野沙織(as)グループ、荻原亮(g)カルテットなどがある。
    趣味は釣り、料理。 ‬

    公式WEBサイト http://nobuyukikoma2.web.fc2.com/